■プロフィール

新婦人みやぎ

Author:新婦人みやぎ
*名称 新日本婦人の会宮城県本部(略称 新婦人みやぎ)
*創立 1963年1月13日
*活動目的 
・核戦争の危険から女性と子どもの生命をまもります
・憲法改悪に反対し、軍国主義復活を阻止します
・生活向上、女性の権利、子どもの幸せのために力を合わせます
*活動内容 
地域ごとに班をつくり、育児サークル・絵手紙・ちぎり絵などの趣味のサークルで楽しく活動。赤ちゃんから高齢者まで健やかに安心して暮らせるように、時々の問題で学習会や調査活動、申し入れや署名運動を行っています。
会費900円(月)、個人加盟の女性団体で、2003年には国連NGOに認証されました。
*事務所 
仙台市青葉区五橋1-5-13
*電話 
TEL 022-262-5101 
Fax 022-262-5430

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

国際女性デー 第53回宮城県集会「生きる権利と日本国憲法」 憲法をいかし、いのちとくらしを守る平和な社会を!
私たちは3.11東日本大震災の復興・新生、原発ゼロへの社会を願っています。しかし政治は「憲法の理念とは反対の方向」に突き進もうとしています。衆議院選挙の結果、改憲派が3分の2の議席を占め、「国防軍」をという安部首相のもとで憲法改悪(9条放棄)への動きが加速されるのではないかと危惧されます。
そこで、頭ではわかっているつもりでも、実は知らないことも多い「憲法」について、金子勝さんにお話ししていただきます。最高に楽しく、パワフルな「憲法はなし」にご期待ください。
男性も大歓迎です。お誘い合わせのうえぜひ、ご参加ください。

日 時 2013年3月8日(金) 18:15~20:15

会 場 エル・パーク仙台5階 セミナーホール(三越定禅寺通館)

参加費 500円

講 師 金子 勝 氏(立正大学法学部教授・憲法学)

演 題 「生きる権利と日本国憲法」 -”憲法の語り部”となるためにー

主催 国際女性デー宮城県集会実行委員会 TEL022-262-5101(新日本婦人の会宮城県本部 気付)
SKMBT_C22013022209580.jpg


スポンサーサイト


イベント | 21:56:52 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
憲法?なにそれ おもしろい
3月8日の国際女性デーの講演者の金子勝先生の著書「憲法?なにそれ」がおもしろい。
日本国憲法の第9条のなりたちのエピソードとして、「戦争放棄ではなく、正義の戦争、自衛のための戦争はいいのではないか?」との声に当時の吉田茂首相が「国家正当防衛権による戦争は正しいと認めること自体が有害だ。自衛戦争を認めること自体が戦争を招く」と言い切った。国会で審議の末、戦争放棄をもりこんだのだ。とわかりやすく書いてある。
日本国憲法の成り立ちから中身まで”なるほど”と難しい憲法が身近になった。
2013-03-13 水 22:07:21 | URL | ゆきやなぎ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad