■プロフィール

新婦人みやぎ

Author:新婦人みやぎ
*名称 新日本婦人の会宮城県本部(略称 新婦人みやぎ)
*創立 1963年1月13日
*活動目的 
・核戦争の危険から女性と子どもの生命をまもります
・憲法改悪に反対し、軍国主義復活を阻止します
・生活向上、女性の権利、子どもの幸せのために力を合わせます
*活動内容 
地域ごとに班をつくり、育児サークル・絵手紙・ちぎり絵などの趣味のサークルで楽しく活動。赤ちゃんから高齢者まで健やかに安心して暮らせるように、時々の問題で学習会や調査活動、申し入れや署名運動を行っています。
会費900円(月)、個人加盟の女性団体で、2003年には国連NGOに認証されました。
*事務所 
仙台市青葉区五橋1-5-13
*電話 
TEL 022-262-5101 
Fax 022-262-5430

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
宮城県知事選挙(10/10告示 10/27投票日)
新日本婦人の会宮城県本部に届いた選挙に関する候補者へのアンケートです。
ご覧下さい。

①宮城女性九条の会
九条の会1九条の会2


②日本軍「慰安婦」問題の早期解決をめざす会
慰安婦①慰安婦②


宮城県社会保障推進協議会

女性ネットみやぎ

スポンサーサイト
未分類 | 12:02:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
乳幼児医療費助成制度の拡充求めて、第2次署名提出!
10月4日、6月以降集まった237団体の署名と、
ゆりかご幼稚園とゆりかご保育園が独自に集めた個人署名492人分を県子ども支援課に提出しました。
累計で715団体の署名になりました。

乳幼児医療費助成の拡充を求める県内自治体の「意見書」は35市町村中、34自治体で採択されました。
大震災の被害が最も大きかった石巻市では今月から小学4年から小学6年まで拡充しました。
東松島市では通院の就学前までの助成額予算は1300万円になっているそうです。
自治体では大変な財政の中でも子育て支援の重要性を考え、拡充しているのです。
7人の参加者からそれぞれ訴えましたが、
子ども支援課佐藤課長の回答は、前回と変わりませんでした。

10月10日から始まる知事選挙の争点として
「乳幼児医療費助成制度・通院も就学前までに」
「全国最低レベルの宮城から脱却しよう」との声をあげましょう!
県の基準が上がれば、市町村ももっと拡充できるはずです。


未分類 | 15:20:13 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。